NEWS

この度、2015年2月23日に当団体が主催したみんなの夢AWARD5においてファイナリストとして発表しました藤岡 慎⼆氏が代表を務める株式会社GGCに対し、1000万円の出資が決定しました。

hujioka

みんなの夢AWARD5において、藤岡 慎⼆氏は、「教育が不利だと言われる田舎、離島や山間部の⾼校を、発想の転換で教育最先端地域にしたい」という想いの下、北海道から沖縄まで、全国各地で教育魅力化プロジェクトを行っています。また少子化が進む離島中山間地域の高校の魅力化を通じて、地域の活性化を図っています。

今回の出資を通して、プロジェクトの基盤を作り、また全国への展開へ向けて活動を広げていけるよう支援していきます。

 

【概要】

株式会社 GGC

プロジェクト:統廃合の危機にある離島中山間、地域の高校魅力化を通じた地域の活性化プロジェクト

代表取締役:藤岡 慎二 (ふじおか・しんじ)

取締役:中川直洋(一般社団法人 ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ 理事)

 

課題/目標:離島中山間地域は人口減少に伴い少子高齢化している。少子化で高校の生徒数は減少し離島中山間地域の高校ほど統廃合の危機に瀕しています。そこで高校を魅力化し、統廃合の対象だった高校の生徒数が安定することで、離島中山間地域も高校を中心に活性化されている状態を目指します。

事業概要:少子化が進む離島中山間地域の高校の魅力化を通じて、地域の活性化を図ります。高校の魅力化は①新感覚の寮生活、②高校の授業内容の変更、③公営塾の設立・運営を通じて実施します。

また生徒は地域内だけでなく、全国や海外から生徒を募集します。

 

出資金額:10,000,000円


最新一覧